CHANELの中古バッグを高額で買取してもらうためのコツ

CHANELは世界中に数多く存在するブランド品の中でも世代を問わず高い支持率を誇っています。特に女性を中心に人気となっているバッグは、中古品でも高額で取引されているのが特徴です。そこで今回は、CHANELの中古バッグを少しでも高く買い取ってもらうコツについて解説していきます。

不要になったと感じたタイミングで処分をする

いくつかある高額買取のポイントで基本とも言えるのがタイミングです。CHANELは世界中に愛好者のいて、中古でも購入希望者がたくさんいることから、一般的な商品に比べて高値での買取が期待できます。

とはいえ、いくら人気があると言っても、骨董品のように年月の経過に伴って価値が上がっていくことありません。新作が販売されれば当然過去の物は型落ちとして査定の金額が下がってしまいます。そのため、不要になったと感じたタイミングで処分をすることが大切です。

箱を含めた付属品も一緒に出す

これはCHANELに限った話ではありませんが、買取は商品本体だけでなく、付属品とセットであることが重要になります。これは、買取業者がお客から買取をした商品を再び販売することを商売としているのが理由です。

付属品があれば後々の販売価格を高値に設定することができるので、付属品とのセット買取は必然的に査定額に影響を及ぼします。特にブランド品の場合は偽者も多く出回っているので、本物と証明するギャランティーカードを忘れてはいけません。

複数のお店で比較検討をする

一口に買取業者と言っても、それぞれのお店で査定の基準や買取相場が異なります。実際に同じ商品でもA店とB店で数万円以上金額が違ったという事例は珍しくありません。そのため、一つのお店で決めるのではなく、必ず数店舗に査定を依頼して比較検討をすることが重要となります。

要点を抑えて高額買取を実現させる

ブランド品の買取はタイミングや売り方次第で大きく金額が変わるのが特徴です。少しでも高く買い取ってもらうためには、今回ご紹介したポイントを踏まえた上で、時間と手間を惜しまないことが大切と言えます。