HERMESのバッグが壊れた!買取と修理、どっちがいいの?

女性の憧れHERMES。HERMESのバッグを大事に使っていたとしても、時には壊れてしまう事もありますよね。そんな時、修理に出そうか、又はもし売れるならそのまま売りたいと、修理か買取かで悩んでしまいませんか?果たして、HERMESの壊れた中古バッグは修理すべきなのか買取してもらうべきなのか、どちらが良いのでしょうか。

基本的には買取が一番

結論から言いますと、基本的に壊れたHERMESの中古バッグは買取してもらうのがオススメです。その理由は、今は壊れたバッグも買取してくれるところが多いからです。なぜ、買取店が壊れたバッグでも買取してくれるかというと、今は修理業者がいる買取店もあり、修理してから再販売する方法をとってる業者が多いからなんですね。

また、そもそもHERMESのバッグ自体に人気と需要があるので、たとえ壊れていたとしても高額買取が十分に可能。特にケリーとバーキンというHERMESを代表する二大ブランドは、壊れていてもかなりの高値が付く事間違いなしです。壊れたHERMESの中古バッグの扱いに困っているなら、まずは買取を考えてみてはいかがですか。

修理すると色々デメリットがある

思い入れがあるから、どうしてもHERMESのバッグを売りたくない!何とか修理して使えたら。そう思う人もいるかもしれません。しかし、壊れたHERMESのバッグを修理すると色々デメリットもあるんです。

まず、綺麗に修理したいなら業者に頼むのが一番ですが、その場合、費用がかなり高くなってしまいます。ファスナーを修理するだけでも安くて数千円、修理部分が多いと数万円掛かる事も。それなら自分で修理すれば安上がりで済むんじゃ?と考えますが、確かに安上がりにはなりますが、仕上がりが雑になりがちです。

また、自分で修理した場合、余程綺麗に仕上げないと後々買取してもらう際に修理部分が減点対象となり、買取価格が安くなってしまう可能性も高いんです。このように、HERMESの中古バッグの修理はデメリットも大きいんですね。だから、オススメは出来ないんです。

壊れたHERMESのバッグは買取orそのまま使い続けるのどちらかがオススメ

紹介したように、壊れたHERMESの中古バッグの扱いとして一番良い方法は、買取してもらう事です。修理すると費用や仕上がりの面で色々デメリットがあるので、オススメはしません。

勿論、壊れた状態とわかっていて、それでも使い続けるのもOK。中古バッグへの思い入れやお財布事情を考えて、一番良い方法を取ってみてくださいね。